· 

H30年5月の勉強会

人は様々な立ち方、座り方、いろいろな姿勢をしています。

それによって、いろんな不調が現れます。

 

例えば、

左の足を中心にして片足をする方は

多くの場合は、

右の骨盤が下がり・左の骨盤が上がりやすくなり、

右の肩が下がり・左の肩が上がりやすくなります。(例外もあります)

それによって、

筋肉の緊張が強くなる部位と

筋肉の力が入りにくくなる部位

が生じてしまいます。

 

これが歪みになって、不調につながっていきます。

 

 

 

 

 

 

ずっと、良い姿勢でいるのが大変ですが

歪みをとる体操を知っていると

痛みが出にくくなりますよ。

 

おがさわら治療院・整骨院

045-903-1186